HOME > ウサギの外来診療

ウサギの診療

よくみられる症状と考えられる病気についてご紹介します

ウサギは、犬や猫に比べ、鳴かないので病気になってもわかりにくいことがあります。
ウサギがかかると怖い病気には、激しい下痢をするコクシジウム症や、くしゃみ、鼻水が出るスナッフルなどがあります。
また、人と同様、結膜炎や熱射病にもなったり、骨が弱いので骨折もしやすいです。
普段の生活の中で、何かいつもより様子がおかしいと思われたら、早めに連れて来てください。

うんちがゆるくなり、おしりがよごれる
食べ過ぎ、ストレスから、内臓の病気まで、下痢はいちばん多い危険信号です。
コクシジウム症という病気が子供のうちに多く見られます。早めの診療を受けましょう。
足を引きずったり、上に持ち上げたまま歩いている
恐らく、脱臼や骨折の可能性があります。
ウサギの骨は弱いため、自分で勢いよくジャンプした際に骨折してしまう事も多いのです。
ひどい場合には、脊髄が傷つくと、おしっこやうんちを垂れ流すこともありますので注意が必要です。
くしゃみや鼻水が出る
頻繁にくしゃみをするようになったり、最近鼻水がよく出る、といった症状が見られる場合、パスツレラという細菌による感染症の疑いがあります。
ひどくなると、鼻炎や副鼻腔炎から肺炎へと進行する「スナッフル」や、感染部位によりますが、結膜炎、耳炎、肺炎、斜頚、皮下膿瘍、関節炎などを起こす「パスツレラ症」の場合もあります。
お腹がふくらんいて、食欲がない
お腹が膨らんでいて、もしくは張っていて、しばらく食欲がない、糞便の量が少なくなった状態が続いている場合、普段、毛づくろいした際に口にした毛が、胃の中で毛玉になってしまっている可能性があります。これを毛球症といいます。
または、腸内で消化できない食べ物や異物が、異常発酵を起こし、ガスがお腹に溜まっていることも考えられます。
エサを食べなくなった、よだれをたらすようになった
不正咬合(ふせいこうごう)が考えられます。
これは、歯が咬み合わず、どんどん歯が伸びてしまう病気です。
ウサギの歯は一生伸び続けます。
普段正しい食生活をしていれば、自然に歯もすり減っていくのですが、柔らかいエサばかり与え続けたり、反対に固いものばかりを与えたりすると、歯の咬み合わせが悪くなってしまいます。
耳をかいたり、耳をふったりする
ダニの病気が考えられます。
外耳道内にダニが寄生していることがあると、耳に灰色、黄褐色のかさぶたができ、耳カスが大量に出ます。

最新情報

一覧を見る

2013/09/15

涼しくなってきましたが、マダニにご注意下さい!
狂犬病の予防もしっかりとお願いします。※台湾で狂犬病が発生した報告も受けています。

〒458-0033
名古屋市緑区相原郷2丁目1606

診療時間
午前9:00~12:00、午後5:00~8:00
休診日
・水曜日
・日曜・祝祭日の午後
・第4週目土・日は連休します。

お問い合わせ 詳しくはこちら