HOME > ペットも健康診断?

ペットも健康診断?

健康診断はなぜ大切なの?

健康診断はなぜ大切なの?のイメージ 飼い主である皆さんが、ペットの不調に気付くのは外から見てわかる症状が出た時が多いのですが、既に、かなり病気が進行している場合が多々見られます。
人間であれば「ちょっと調子が悪いかな?」と思ったら、自分から病院へ行くこともできますが、ペットの場合は、たとえ気分が悪くて吐き気があったとしても、それを飼い主さんに訴えることはなかなかできません。そして飼い主さんは、ペットが吐いたときに初めて身体の異常に気づくのです。

ペットは、ちょっと見ただけでは何ともないように見えても、実は病気がかなり進んでいることがあります。
特に、慢性疾患と呼ばれる病気では、「食欲が落ちる」「咳をする」「嘔吐する」といった、外から見て分かる症状が始まったときには、既に手遅れであることも少なくありません。
こうした手遅れを少しでも減らすためにも、健康診断は定期的に受けられることをおすすめします。

当院では、健康診断をいろいろな形で実施しています。皆さんの大切な犬や猫に健康診断を受けさせたいと思われたら、まずはご相談下さい。
その子の状態や年齢に応じた診断メニューをご案内いたします。

健康診断の内容

健康診断はなぜ大切なの?のイメージ アニマルドック [1] (犬・猫)
Aコース(B、Cと腫瘍検査まで)
Bコース(Cとエコー、心電図まで)
Cコース(一般の健康診断)

血液一般検査 ・ 尿検査 ・ レントゲン検査 ・ 糞検査 ・ 身体測定
※各コースに温泉薬浴、マイクロバブル、イオンコート等をとり入れた、リラックスコースがあります。


アニマルドック [2] (フェレット・ハムスター・鳥・ミニブタ・亀 etc )
Dコース(一般の健康診断)
家族の方の希望の範囲 ・ レントゲン検査
※各コースにシャンプーをとり入れたリフレッシュコースもあります。


オプション検査
血液型検査(犬・猫) ・ 膵機能検査(フィルムテスト) ・ フィラリア検査(犬・猫)
猫エイズ検査 ・ 猫白血病検査 ・ ジステンパー検査 ・ パルボ検査

健康診断はいつしたらいいの?

身近なところにサインがあります。
毎日の生活の中で、もし下記のような症状が見られたら、大きな病気の可能性もございます。日々の健康管理や病気などの早期発見、早期治療につなげるために、早めの健康診断を受けましょう!

犬の症状のイメージ 猫の症状のイメージ

最新情報

一覧を見る

2013/09/15

涼しくなってきましたが、マダニにご注意下さい!
狂犬病の予防もしっかりとお願いします。※台湾で狂犬病が発生した報告も受けています。

〒458-0033
名古屋市緑区相原郷2丁目1606

診療時間
午前9:00~12:00、午後5:00~8:00
休診日
・水曜日
・日曜・祝祭日の午後
・第4週目土・日は連休します。

お問い合わせ 詳しくはこちら